トップページへ

桧製お札立て 鳥居付きお神札飾り(とりいつきふだかざり) 大 【あす楽対応】 お札飾り/お札差し/簡易神棚/御朱印帳立て

   

 


 

 


商品説明 洋風のリビングにも違和感なくお祀りできる簡易神棚です。

通常配られる頒布大麻を三枚お祀りすることができます。

神社などにおいて神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)で あり、神域への入口を示すものとされ、一種の「門」である鳥居を前面に配置。

簡易的になり過ぎないデザインとし神棚をイメージした階段を配し、御神札を入れた際に滑り倒れてしまわないようにしました。

朱印帳立てとしてもご利用いただけます。

素材 東濃桧 寸法 外寸:14.3(高)-25.6(巾)-8.4(奥)cm 内寸:24(巾)-2.9(奥)cm 家庭での神棚まつり 古代日本では、心のよりどころとして、自然を神聖視し毎日の生活に取り入れ、家庭の平穏無事を願いました。

家庭は人の生活の源です。

源が不和であれば、豊かで希望に満ちた生活は営めません。

喜びも悲しみも生きていくすべては家庭の内にあるのです。

私たちは、家に神棚をまつることによって、精神の安定や生活のリズムを得、毎日朝に夕に祈り、感謝することが、明日への希望となり、心豊かな人生へとつながっていくのです。

いつでも神と共にあって、感謝する気持ちが大切です。

■こんな時には神棚を ・新築・開店・事務所開き — 新築・増改築・新規開店などの時には神棚をおまつりし、一家の繁栄と商売繁盛を祈ります。

・結婚・出産 — 二人の幸せな家庭を誓います。

赤ちゃんの誕生に合わせて求め、命名書は神棚の下に下げます。

・大漁・豊作 — 今年も、豊かな実りと大漁を、と心からの願いを込めて。

・家庭の守り神として — 開運、受験、競技の合格・必勝祈願や七五三、入学、卒業等、日々の暮らしを幸せで豊かなものにと祈ります。

家庭での神棚のまつり方

  • 商品価格:3,780円
  • レビュー件数:3件
  • レビュー平均:5.0(5点満点)

楽天で購入

トップページへ


TOP